2008年07月09日

Memtest86でエラーなしでもWindowsMemoryDiagnosticでエラー発見

メモリーの検査ツールとして有名なのがMemtest86というプログラムです。
http://www.memtest86.com/

自作パソコンを作っている方はよく動作チェックとしてこのプログラムを使用します。
ところが、Memtest86ではエラーなしなのに、ほかのメモリチェックツールではエラーになる症状のパソコンが入ってきました。

このマシンの症状は起動途中でブルースクリーンが出て動かなくなるということでした。これは、セーフモードでも同様です。
このような症状の場合、Windowsのシステムが崩壊しているか、ハードディスクかメモリに問題を抱えていることが多いのです。
ハードディスクの検査(クラスタの検査含め)は異常なしです。

実際にMemtest86を実施するとエラーなしで終わります。(写真)
DSC00193.JPG
DSC00194.JPG

そして、別のメモリチェックツールとして用意しているのがWindows Memory Diagnosticです。
実際に実行するとエラーが出てきます。(写真)
Memtestパスのマシン
DSC00192.JPG

結論としては、あまりひとつのツールを過信しないことでしょう。
Microsoft製のツールでエラーが発見されるというのは意外ですが・・・

Windows Memory Diagnosticのダウンロードはこちらです。(フリーソフト)
http://oca.microsoft.com/ja/windiag.asp

上記サイトへ行き、「Windows メモリ診断のダウンロード」をクリックする。

minst.exeというファイルをダウンロードしようとするので、適当なフォルダにダウンロードしてください。

minst.exeをダブルクリックで実行します。(セキュリティ警告が出たら、「実行」をクリックしてください)

英文(使用許諾書)が表示されますが、ここは下の「Accept」をクリックしてください。

この画面が表示されます。
wmdiag.JPG
ここで、メモリーチェックツールを含んだ起動フロッピーかCD-ROMを作成することになります。

フロッピーディスクの方
あらかじめ、フロッピーの方はFDDに空の書き込み可能なフロッピーを入れておきます。
FDDが存在し、フロッピーで良い方は「Create Setup Disk...」をクリック。
その後、「Create」ボタンを押すだけです。
フロッピーへの書き込みが終わったら、アプリケーションを終了し、そのフロッピーを付けたまま再起動してください。

CD-Rで起動CDを作成する方
CD-ROMドライブから起動できるパソコンをお持ちの方は「Save CD Image to Disk...」をクリックします。
windiag.isoファイルを保存しようとしますので、適当なフォルダを選択して保存します。
その後、アプリケーションを終了します。

先ほど保存したwindiag.isoのファイルをCD-Rに焼けばいいのですが、注意があります。
必ず「CDイメージを書き込む」モードで書き込んでください。(大概のCD書き込みソフトはwindiag.isoをダブルクリックすればそのモードになってそのまま書き込めるのですが、対応していないのがあります。)
例として、B's Recorder GOLD 8だとどうやるかを書きます。
空のCD-Rを入れ、B's Recorder GOLD 8を起動します。

この画面が出たら閉じましょう。
breco1.JPG

B's Recorderの操作画面の赤丸の位置にwindiag.isoをドラッグします。(場所に注意)
breco3.JPG

入れ終わると以下の表示になるので、後は「書込み」を押すだけ。
breco4.JPG

その後はいつものようにCD-Rを焼いてください。

焼き終わったらB's Recorderを終了し、再起動します。

再起動した後の作業
以下の画面になるので、ただ待つだけです。
wmemdiag.jpg

wmemdiag2.JPG

もし、エラーになった場合はメモリを交換しましょう。ただし、メモリ以外の部分に問題がある場合もありますので、メモリ交換では解決できないかもしれません。
ピーシーアシストAIZUでは、メモリ交換で解決できないメモリエラー(メモリソケットの半田割れ、ノースブリッジのチップ焼け等)の修理も行っております。
当然、自分でメモリ交換できない方へのアップグレード(増設)サービス(検査込み)も行っています。ぜひ、ご利用ください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16772008
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック